Author Archive

インナーチャイルドZOOMセラピー

 

これまで対面セッションのみで

ご提供してきたインナーチャイルドセラピーを

ご自宅で気軽に受けられるよう、オンライン(ZOOM)でご提供します。

 

コロナで収入が激減したり、将来に対して不安を感じている方に、

リラックスして、癒しの時間をご提供したいという思いからです。

 

通常、2時間で30,000円(税抜き価格)をいただいておりました

インナーチャイルド・セラピーセッションですが、

今回は、1時間7,000円(税抜き価格・初回の方限定)で

特別にご提供させていただきます。

 

申し込み期限は、6月10日までで、定員は、10名様です。

 

ご自宅にいながら、リラックスしながら、自分自身を深く見つめ、

子供時代に傷ついてしまった心を癒し、思い込みを書き換えていく

プロセスです。

 

20年以上、潜在意識について学び、実践を繰り返してきた私だけが、

ご提供できる癒しのセッションをご体験ください。

 

ご用意いただくのは、お一人になれる静かな環境と、

くつろげる椅子、スマホかPCだけです。

 

自身の潜在意識と深く対話して、これから進むべき方向性を

見つけるチャンスです。

 

お申込みはこちらです。

fujikokatada

自分で自分のインナーチャイルドを癒す

🔳  第2のステップ 自分で自分のインナーチャイルドを癒す

今まで、3回にわたって、起業家に相応しい自己肯定感を 持つ方法

についてお伝えしてきました。


こちらです。 ↓↓↓↓

(1記事目)うまくいかないのはあなたのメンタルが原因です。
 http://bit.ly/39IBJ9S


 (2記事目)自己肯定感の高い人ってどんな人?
 http://bit.ly/38THi5g



(3記事目)自分の間違った思い込みに気づく
http://bit.ly/2TaFmyU




さて、文章だけでは、どうしても伝えきれないので、

あなたの自己肯定感をあげて、

起業家に相応しいセルフイメージを

確立するマンツーマン講座を準備中です。




ご興味のある方向けに、

個別の ZOOM カウンセリングを行います。 詳細が決まりましたら、

こちらでおしらせしますので、ぜひ、登録しておいて くださいね。

→ http://bit.ly/38VoBy7

それでは、今日は「3つのステップ」の2つ目について、
お話ししますね。


2つ目は、
====================
自分で自分のインナーチャイルドを癒す


====================
です。

インナーチャイルドとは「内なる子供」のことです。






私たちは、大人になっても心の中には、
子供の頃の心が生きています。

そして、子供の頃、傷ついた記憶は
癒されないまま心の奥底にしまいこんでしまっているのです。


心が成熟していないと、傷ついた感情をうまく処理できないため、
そのままなかったことにして、いるのです。


ですが、そのままだと、
その傷によって、作り上げたネガティブなセルフイメージを
持ち続けてしまいます。

例えば、私の例ですが、

「私は、人前で自分の意見を言えない」と思い込んでいました。


子供の頃、自分が思っていることを言っても、


親や周りの大人に馬鹿にされたと
感じる出来事があったからです。


その思い込みのせいで、若い頃は、
「嫌だ」と感じることにも「嫌」と言えず、
「やりたい」と感じることにも
「やりたい」と言えませんでした。


しかし、あることをきっかけに
「あ、私は、やりたいことをやりたいって言っていいんだ!」と
思えたのです。


このことで、私のセルフイメージはかなり変わりました。

私がやったことは、

幼い頃の自分をイメージして、
「いいんだよ〜。不二子ちゃんはよく頑張ったよ〜。
いい子だね〜」って、認めたのです。


「私は、私のままでいい。
弱いところがあり、傷つきやすいところがあり、
おっちょこちょいなところがある・・・
そんなダメな私も私の一部なんだ〜」


そんな風に思えるようになりました。





すると、自分自身が愛しくなり、 何か失敗しても、

「ま、いっか〜」と 思えるようになりました。

いかがでしょうか?

真面目な人、優秀な人、挫折したことのない人ほど、
インナーチャイルドが傷ついています。


それを癒せるのは、実は自分しかいないのですよ〜〜。
ぜひ、嫌がらずに、取り組みましょう。


そうすることが、自己肯定感をあげて、
思い通りにやりたいことができる自分へ変身する
きっかけになりますからね〜。
本日は、自己肯定感をあげる「3つのステップ」の
2つめについて、お話しました。


次回のメールでは、
3つ目についてお話しますね。


どうぞ、お楽しみに!

 

fujikokatada

自分の間違った思い込みに気づく

こんにちは。

堅田です。

前回、前々回の記事で、

「自己肯定感をあげて、

起業家にふさわしいセルフイメージを

持つことが大事ですよ」と

お伝えしてきました。

こちらです。→

 

うまくいかないのはあなたのメンタルが原因です。
http://bit.ly/39IBJ9S
自己肯定感の高い人ってどんな人?
http://bit.ly/38THi5g

 

「私は、自己肯定感は十分に高いと思う。」

と思われる方は、この先を読む必要はありません。

ここで、画面を閉じていただいて結構です。

 

 

 

 

さて、ここからは、

「具体的に自己肯定感を上げるには、

どうすれば良いの?」と

思った方に向けて、お伝えしますね。

自己肯定感を上げるためには、

「3つのステップ」が必要です。

これをやらずせずに、

ただ、やみくもに、

「私は、素晴らしい起業家だ!」などと、

アファメーションを唱えたり、

ビジョンマップを作ったりしても、

現実は何も変わりません。

仮に、

一時的に自信がついたような気がしても、

すぐに元に戻ってしまいます。

では、私がお伝えする

「自己肯定感を上げる3つのステップ」では、

一体どんなことをするのでしょうか?

その前に、ここで一つ質問があります。

あなたの自信のなさは、いったい

何を根拠にしているのでしょうか?

 

 

それは、

おそらく、親や周囲の人達から受けた評価が

大きいと思います。

あなたが幼少期に、親や周囲の人たちから、

よく言われていたことは

なんだったでしょうか?

 

 

「お前は、要領が悪いよね」

「〇〇に比べて、勉強ができないね」

「〇〇に比べて、可愛くないね」

そんなことを言われ続けていませんでしたか?

一番身近な親から、頻繁に言われて、

それを信じてしまい、

そのセルフイメージを

持ったまま大人になってしまったのではありませんか?

 

 

 

 

 

そして、そのままのセルフイメージを

自分だと思い込んで、ずっと生きて来ませんでしたか?

そうすると、そのセルフイメージに

相応しい現実が現れてきて、

「あ~やっぱりね~」となるのですね。

 

実際、私も父がとても厳しい人でしたので、

学校の成績が良くても褒められたことがありませんでした。

おまけに、父は人間嫌いで、いつも

「世の中には、ろくな人間がいない」とか、

「人間は、自分を守るためには、他人を平気で傷つける」などと

言っていました。

だから、私は、人と接するのがあまり得意ではなく、

人見知りで、口下手な子になりました。

しかし、そんな親の価値観から解放されたのは、

大学進学で、一人暮らしを始めたことでした。

親の監視から解放されて、やりたいこと、興味のあることは

なんでもやってみました。

本当に、親元を離れて良かったです。

 

 

話を元に戻しますね。

自己肯定感を上げるための最初のステップは、

===================

自分の間違った思い込みに気づく

===================

ことです。

 

そして、その思い込みに従って、無意識に生きてきた

事実に気づくのです。

きっと、たくさんの時間を無駄にしてしまったこと、

素晴らしいチャンスを受け取り損ねたことに気づくはずです。

「悔しいな~」という思いが湧いてくるかもしれません。

その場合は、その感情を放出します。思い切り!

しかし、感情は放出すると消えていきます。

 

 

 

そして、自分がいかに間違った思い込みのために、

低い自己肯定感を持っていたのかに気づきます。

そのことに気づくことができれば、今後は意識して、

出来事の捉えかたを変えたり、

反応を変えることができます。

 

 

キーになるのは、あなたの「ネガティブな感情」です。

その感情の奥にある、「思考」を探り

その「思考」にある思い込みを掘り下げていきます。

「思い込み」→「思考」→「感情」→「行動」→「現実」

という因果関係があります。

これを逆から遡り、一番奥底にある「思い込み」を

発見するのです。

 

 

次回のメルマガでは、

自己肯定感をあげる「3つのステップ」の2つめに

ついてお伝えしますね。

では、また。

fujikokatada

自己肯定感の高い人ってどんな人?

先日の記事で、

 

「あなたが、起業してもなかなかうまくいかない原因は、
起業家に必要な自己肯定感を持てていないから」
と書きました。

 

こちらのブログにも書いています。
→http://bit.ly/39IBJ9S

 

この話をもう少ししていきますね。

自己肯定感が高い人ってどんな人でしょうか?

 

自己肯定感をあげると言っても、
イメージが湧かないと思いますので、
具体例を挙げてお話ししますね。
もし、あなたが、
医者に行ったとします。

そうしたら、

「あなたの胃に腫瘍がありますので、
手術しましょう」と言われたとしましょう。

 

執刀医は、経験年数や、手術の経験などは
変わらない医師AとBのうち、どちらかを
選べるとします。

 

2人の医師と話してみたら、
医師Aは、なんだか気が弱そうで、
話していても、目が合わないし、
質問しても、すぐに答えが
出てこないような感じ。

 

医師Bは、笑顔で、
とても元気があり、声が大きくて、
質問しても、すぐに明確に答えてくれます。

 

あなたは、どちらの医師を信頼し、
手術を任せますか?

 

 

 

この答えは、多くの方が、
医師Bを選ぶと思うのです。

 

なぜなら、
医師Bの方が、
自己肯定感が高いからです。
同じような経験と実績だったとしても、
医師Aは、「自分はまだまだダメだ」
と信じている。

 

医師Bは、
「自分は、完璧ではないけど、腕の良い医師だ」と
信じているのです。
つまり、自己肯定感が高いとは、
自分で、自分を高く評価していると
いうことなのです。

この自己肯定感が、実は、
そのまま現実に反映されます。

 

もう一つ例をあげて説明しますね。

例えば、
あなたが、自分自身を、

「私は、人から好かれないんだよね」と
思い込んでいるとします。
そうすると、
人と交流することに怖くなり、
自分から話しかけたりできなくなり、
友達ができません。
すると、
「ほら、やっぱり私は人から好かれない」
という現実を手にします。

逆に、

「私は、口下手だし、人見知りだけど、
意外と人気あるんだよね」と
思い込んでいればどうなるでしょうか?

おそらく、たどたどしくても人と話したり、
親切にしてあげたりして、
何度か会ううちに自然に友達が
できるでしょう。

そして、
「ほ〜ら、やっぱり私は、人気がある」
という現実を手にします。
いかがでしょうか?

 

 


つまり、
「私は、人気があるコーチなんだ!」
とか、

 

「私のところに、いらっしゃるお客様を
必ず良い方向へ導ける」などの
セルフイメージになっていることが、
起業家に必要な自己肯定感なのです。
多くのコーチやカウンセラーなどの起業家は、

 

自分の自己肯定感に無頓着なまま

表面的ノウハウだけを学んで結果を出そうとします。

 

でもここまでに書いたように、

自己肯定感そのものが相応しいものになっていない限り、

いくら高いお金を払ってノウハウを学んでも、

家族との時間や自分の睡眠時間を削って

ブログやSNSで発信を続けても、

体験セッションで高額商品を提案しても、、、

全てが空回りして、ムダになってしまうのです。

 

ではあなたが

起業家に相応しい自己肯定感を持つために

具体的には何をすれば良いのでしょうか?

 

 

それについては、次回の記事で、

お伝えしようと思いますので、

楽しみにしていてくださいね。

fujikokatada

うまくいかないのはあなたのメンタルが原因です

私は、約5年間、ゼロからコーチ、カウンセラー、セラピストなどの

お仕事で起業される方々をサポートしてきました。

主に、起業コンセプトの決定、ブログタイトル決め、

ステップメールの構築、セールスレターの作成と、

無理なくネットから申し込みを得られる仕組みの作り方をお伝えしてきました。

 

 

私のクライアント様の多くは、

とても真面目に課題に取り組んでくださいました。

そして、すぐにファーストクライアントを獲得されました。

その一方で、発信をしているものの、

なかなかお申し込みがが入らない方も

中には、いらっしゃいました。

 

 

その違いが一体どこにあるのか・・・

 

 

最初は不思議で仕方がありませんでした。

素晴らしい学歴や実績があるのにも関わらず、

なぜか自分らしい発信ができない

とても高いスキルがあるのにも関わらず、

自信を持って自分のサービスを提案できない

 

 

とてもチャーミングで外見も魅力的なのに、

SNSも、リアルで人に会うのも苦手

 

 

そうかと思うと、

学歴も、経験も、それほど優れていなくても、

自信満々の方もいらっしゃいました。

 

 

そうやって色々と考えた結果、

私は、一番の違いは、

その方の自己肯定感の違いであることに

気づいたのです。

 

つまり、マーケティングのテクニックや

ライティング上手い下手などの問題ではなく

その方の自己肯定感が高いかどうかが

ビジネスの成果を左右するということです。

 

 

この自己肯定感というのは、

本当に不思議なものです。

先ほどのように、

素晴らしい学歴や実績があるのに、

「自分は大したことない」と、

自己卑下をしている方もいれば、

学歴も、経験もそれほど優れていなくても、

自信満々の方もいらっしゃいます。

 

それぐらい、自己肯定感とは、

とても主観的なものなのです。

 

もしあなたが、

起業して、継続して発信をしているのに、

なかなか

お客様からお申し込みをいただけない・・・

あるいは、

無料や格安の商品しか販売できない・・・

 

 

などのお悩みがある場合は、

「私は、自分の存在価値に、

どれだけ認めているかな?」

と、一度ご自身に問いかけてみてください。

 

 

もし、

「私は、完璧じゃないけど、素晴らしい!」と心から思えて、

「そんな私の提供するサービスだから

きっと喜んでもらえる!」と

思えるなら、問題ありません。

 

しかし、もし、

「私なんかが、こんな偉そうなことを言っていいのかな?」とか、

「〇〇さんが、この値段でやっているのだから、

私はこれ以上値上げできないな」などと、思うのであれば、

 

もしかしたらあなたは、起業するには十分な

自己肯定感をまだ持てていないのかもしれません。

 

 

ではこのように、私たちが

なかなか高い自己肯定感を持てないのは、

何故なのでしょうか?

 

 

その原因は、

子供の頃に親や周囲の人たちから

言われたことなどから、

自分に対して、ネガティブな思い込みを

持ってしまったことにあります。

 

例えば、

「目立つ格好をすると、嫌われるよ!」とか、

「うちは貧乏だから、贅沢はできないんだよ」などど、

言われ続けていると、

いつの間にか、

「目立ってはいけない、他人と同じが良いんだ」

とか、

「私なんかがお金をたくさん稼げる筈がない」

とか、

そんな思い込みを持ってしまうのです。

 

 

そんな思い込みを持ったままでは、

起業してもうまくいかないのです。

 

 

特に、コーチ、カウンセラー、セラピストなどのお仕事は、

自分=商品ですから、自分に価値がないと信じている場合、

自信を持ってセールスができません。

 

 

私には大した価値がない

→私のサービスには価値がない

→自信を持ってセールスできない

という悪循環に陥ってしまいます。

 

いかがでしょうか?

 

ここまで、お読みになられて、

「私もそうかも・・・」と思われた方は、

この先もお読みくださいね。

 

 

では、一体どうしたら、

自己肯定感をあげて、

起業家に相応しいしなやかなメンタルを

持つことができるのでしょうか?

 

 

実は、3つのステップを一つずつ

クリアしていけば良いのです。

たったそれだけです。

 

 

そうすれば、あなたは起業家として

成功するための、しなやかなメンタルを

持てるようになります。

その3つのステップについて、

何回かに分けて、お伝えしますね。

長くなりそうなので、今日はここまでとしておきます。

では、また。

 

fujikokatada

アドラー心理学「課題の分離」について

才能を活かす起業家育成の専門家、

堅田不二子です。

 

「他人の感情や行動はコントロールできません。」

にもかかわらず、

他人からどう思われるかを気にして、

やりたくないことを引き受けたり・・・

本当はやりたいのに、「やりたいです「!」と言えなかったり・・・

 

そんなことはありませんか?

それは、相手との間の「課題の分離」が出来ていないからですよ~。

 

課題の分離とは、

自分と他者の課題を分離し、
他者の課題には踏み込まないようにして、

同時に他者にも自分の課題に踏み込ませないようにするってことです。

しっかりと相手との間に境界線を引くことです。

 

下記の動画で、カンタンにお話しています。

 

また、頑張らなくても、WEBから自然に申し込みを得られる

仕組みの作り方については、こちらの無料メール講座に書いています。

 

fujikokatada

起業初心者が陥りがちな間違い➁

こんにちは。

 

才能を活かす起業家育成の専門家、

堅田不二子です。

 

起業初心者がよく陥りがちな間違いの2つ目について

お話しします!

 

私も、これに陥っていたことがあります。

だから、あなただけじゃない・・・・

 

これが、あなたの行動を阻んでいるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

fujikokatada

起業初心者が陥りがちな間違い①

こんにちは。

才能を活かす起業家育成の専門家、

堅田不二子です。

 

 

さて、私のクライアント様は、ゼロからコーチやカウンセラーとして

起業される方が多いです。

 

起業コンセプトを作り、ブログ、ステップメール、セールスレターと、

作っていく中で、競合の調査をしてもらうのですが、

その際に、自分よりも先に起業されている同業者と自分を比べて

落ち込む方がいらっしゃいます。

 

今日は、そのことについて、動画で話しています。

 

起業初期は、周囲の人たちがみんな凄そうに見えちゃいます。

私もそうでした〜(汗)

 

でも、一人一人、必ずオンリーワンの魅力や才能があるんですよ。

そこにフォーカスしましょうね。

fujikokatada

「学ぶ」は、「真似ぶ」から生まれた

こんにちは。

才能を活かす起業家育成の専門家、

堅田不二子です。

さて、起業家として、活動を続けていくためには、

インプットすること(学ぶこと)は、大切です。

 

その際に、とても、ラクに学べる方法のひとつとして

モデリングというNLPのスキルがあります!

 

「学ぶ」は、「真似ぶ」から派生した言葉と言われています。

つまり、身に着けようとしているスキルを、

すでに活用して、卓越した成果を出している人を真似するのです。

 

卓越した人の考え方、思考パターン、行動パターン、話し方やしぐさなどを

その人になりきって、分析して、真似ます。

 

例えば、立ち居振る舞いやプレゼンテーションの仕方などを

モデリングすると、そのイメージをそのまま、潜在意識に移せばよいので

短時間で身に着けることができますよ!

 

必死に集客しなくても、ネットから自然とお申込みを得られるようになる

具体的は方法について、こちらの無料メール講座でお伝えしています。

fujikokatada

起業家のためのメンタルUP-自信を持つ方法➁

こんにちは。

才能を活かす起業家育成の専門家、堅田不二子です。

 

 

起業初心者がよく言われるのが、「自信がない」という言葉。

それに対して、「自信に根拠なんかいらないです」と

いつもお答えしています。

 

根拠がなくても、イメージだけでいいんです。

もっと言うと、

イメージの中で自信満々の自分を作り上げて、

それを体感すればいい・・・

 

私たちの脳は、身体からなりきると、勘違いします。

そして、同じものを引き寄せます。

まず笑顔を作る→気分が明るくなる→楽しくなる→よいことが起きる→笑顔になる

自信ありげに顔を上げて胸を張る→気分があがる→自信が湧いてくる→よいことが起きる→自信がつく

 

こんな流れです。

 

こちらの動画で、自信満々になるイメージワーク、「サークルオブエクセレンス」について

お話しています。

 

初めて、このワークをやった時、私はめちゃくちゃテンションが上がりました。

まるで、魔法にかかったように、

エクセレントサークルの中に入ると、内的状態が、自信満々で、カッコ良くて、美しい

自分になれたからです。

 

そう、イメージとしては、シンデレラが魔法をかけてもらって、

美しいドレスを着て、ガラスの靴を馬車と御者を手に入れたような感じ。

 

脳は、現実とイメージの区別がつきませんから、なりきったモノ勝ちですよ!((´∀`))ケラケラ

 

 

 

 

fujikokatada
CHECK