無意識の「思い込み」が、あなたの行動を止めている

起業準備中や起業したばかりの方によくある悩みとして、ノウハウを学んで自分が何をやるべきかわかっているのに、なかなか行動できない…というものがあります。

そして、「私って、やっぱり行動力ないなぁ…」と自己否定して落ち込んでしまったり。

なかなか一歩を踏み出せないのは生まれ持った性格のせい、と諦めてしまってはいませんか?

 

行動できない原因は、無意識の中にあるかも?

私たちの思考や行動は、意識全体の95%を占める潜在意識に大きな影響を受けています。

潜在意識には、私たちが生まれてから今までに経験したことから刷り込まれた、数々の信念が存在しています。

特に、子ども時代の体験は大きく影響し、主に両親との関わりの中から、身体的感覚や感情を通じて強い信念が刻み込まれていきます。

例えば、「何をやってもダメな子だ」「出来が悪いな」などといった言葉を繰り返し浴びていると、それらがその子のセルフイメージの基盤となってしまうのです。

こうした自分についての信念が固まってしまうと、何をやってもうまくいかない、いつも成果を出せない、など、その信念が真実であることを証明するかのような現実が繰り返されていくことになります。

ですから、「行動できない」と悩んでいる方には、「失敗してはいけない」「私は何をしてもダメ」という信念が刷り込まれている可能性があります。生まれつきの性質などではないのです。

まずは、そのことに気づくのが大切です。

 

上っ面のマインドセットでは、何も変わらない

最近は、巷の起業塾でも「マインドセット」という言葉を見かけることが増えてきました。
「1,000万円稼ぐマインドセット」「自信を持ってセールスできるマインドセット」などですね。

しかし、いくらその場で「1,000万稼ぐのなんて簡単なこと」「価値あるものを提供しているのだから」などと考え方を変えるよう働きかけられても、実際のところ何も変わりません。

それは、顕在意識に働きかけているに過ぎないからです。

本当にマインドセットをするには、潜在意識にアクセスしなければなりません。

「1,000万円稼ぐ!」「ストレスなく売る!」の前に、幼い頃に潜在意識に刷り込まれた信念に気づき、書き換える必要があるのです。

 

まずは自分を「棚卸し」してみましょう

潜在意識に刷り込まれた信念に気づくには、どうしたらよいのでしょうか。ひとつの方法として、自分を「棚卸し」してみることを提案します。

例えば、

・日常的にどんな言葉を投げかけられていたか

・どんなときに「自分は良い」と学んだか

・どんなときに「自分はダメだ」と学んだか

・それによってあなたはどんなメッセージを受け取ったか

こうしたことを書き出してみるのです。

「行動できない」あなたなら、「だからやめとけばいいって言ったのに」「何してもダメ」などとよく言われていたのかも知れません。
そして、無難な目標を無難にクリアすること、下手な挑戦はせずにいればいいと思うようになり、何かに失敗すること、新しい挑戦をすることが「ダメ」だと学んでしまう。
そして、「失敗してはいけない」「期待を裏切ってはいけない」というメッセージを受け取り続けてきたのかも知れないですね。

これはひとつの例ですが、こうして子どもの頃を振り返ってみることで、自分がどんな言葉の影響を受け、それによってどんな信念を持つに至ったかを知ることができます。

 

潜在意識は書き換えられる

自分の持つ信念に気づいても、それを変えられなければ状況はそのままです。

「行動できない」と悩む人なら、「失敗していけない」といった信念を書き換えなければ、行動できない自分は変わりません。

潜在意識に刷り込まれた信念を書き換えるためには、ヒプノセラピーなどの力を借りることは非常に有効ですが、自分でもできることがあります。

それは、過去に受け取ったメッセージを捨て、新しいメッセージを自分自身に伝えることです。

「失敗してはいけない」「期待を裏切ってはいけない」という信念、受け取ってきたメッセージに気づいたのなら、これからは自分自身に「失敗しても大丈夫」「人の期待に応えようとしなくてもいい」と伝えていくのです。

言葉は暗示となり、潜在意識に働きかけることができます。

これを続けていると、自然と一歩を踏み出せるようになっている自分に気づくことでしょう。

 

CHECK